病気や怪我をした場合、会社を休んで傷病手当をもらえる制度があります。

私も、傷病手当をもらったことがあります(その後退職)

1年6ヶ月間、毎月お給料の7割近く傷病手当金をもらって生活していましたが、体調が良くなってくるともっとお金が欲しい‼︎と思ったものです(笑)

私の場合はアルバイトをせずにアフィリエイトで収入を得ていたので問題はありませんでした(事前にけんぽ協会に確認済み。傷病手当金をもらいながらできるし認められている副業です)

 

ただ、傷病手当金を受給するにあたって様々なルールがあります。

 

今回は傷病手当金をもらいながら、メールレディはできるのかどうか、副業は可能かどうか、バレるのか?バレタときはどうなるのかなど、詳しく解説していきたいと思います。

 

傷病手当金受給しながらメールレディのお仕事はできる?

病気や怪我で働くことが難しくなり、会社を休んで傷病手当を受給している方も多いですが、今まで毎月入っていた給料に比べて、傷病手当金は低い収入になるため、収入が足りない!!って思う人も少なくありません。

3万でも5万でも多く、収入が欲しいですよね。

 

そのため、副業を考えたり、とくにこのページを読まれている方はメールレディで働きたいと思っているけど、傷病手当受給しながらお仕事ができるのかどうか気になっていると思います。

 

知恵袋なんかを見ると意外と、間違った情報も多いので正しい知識を得る必要があります。

 

さて、メールレディのお仕事をすることは、率直に言いますと、

「厳しいです」

 

つまり、できるけどやらないほうが良いということがここでの答えになります。

傷病手当受給中にお仕事ができるのかどうか以前に傷病手当金の受給条件がありますのでまずはそれを説明したいと思います。

 

傷病手当金の受給の条件に反するからメールレディができない?

今現在、傷病手当金をもらっている方は、傷病手当金をもらうための条件を最初に説明されたり、それに関する用紙をもらったことがあると思いますが、以下の傷病手当受給条件があります。

  1. ケガや病気で療養中のため労務ができないこと(今までしていた業務ができないこと)
  2. 労務不能で4日以上仕事を休んでいる。
  3. 労務不能で給料の支払がない。 
  4. 健康保険の加入者であること。 

 

つまり、3番目の労務不能で給料の支払がないという条件があるため、メールレディのお仕事をすることは条件に反するため、傷病手当金が支給されなくなります。

 

休んでいて収入がゼロなことを前提にしているので、メールレディに限らず傷病手当受給中にお仕事をして、バレると不正受給とみなされる可能性があるということになります。

万が一、休業中に副業がバレてしまうと、不正受給を疑われてしまう可能性もあるということです。

 

そんなリスクを背負いながらメールレディのお仕事をすることは注意が必要なのです。

もし不正受給と判断された場合は傷病手当が受給できなくなったり、返納を求められる場合もあるからです。

最近では傷病手当受給金の不正受給が多いので、健保協会ではかなり厳しく審査や調査をしているようです。

もし、あなたがちゃんとメールレディで働いた事実を申告すれば不正受給にはなりませんが、傷病手当金を差し引かれたり受給ストップになる可能性はあります。
申告しないのが不正受給になるということです。

悪質な場合は詐欺罪で訴えられる可能性もあります。

 

なので、もらえる傷病手当金が少なくなっても良いし、きちんと申告するのであればメールレディをしても良いと思います。

それだと問題はありません。

 

ただ、多くの人はそれは望んでいませんよね。。。

 

傷病手当金をもらいながら副業は可能?

傷病手当金をもらいながら副業はできるのかどうか説明したいと思います。

率直に言いますと、「どちらでもない」というのが答えです。

 

ただ、基本的には上記に傷病手当受給の条件にも書きましたが、労務不能で給料の支払がないということが規則ですので基本、副業やアルバイトでの収入がないことが原則となります。

もし、黙って副業してバレたら受給停止や返納を求められる場合もあります。

 

では、なぜ「どちらでもない」という答えなのかと言いますと、どのような副業なのかということやどういう病状なのかの二つによって大きく左右されてくるからなのです。

 

もし、本業より収入が上回る副業の場合、労務不能に該当しないとみなされてしまう可能性があり、傷病手当受給停止になる場合があります。

また、通勤するような外で働く場合も、労務不能に該当しないと判断されてしまう可能性があります。

 

ということは、傷病手当金が支給されないかもしれないということです。

 

 

ただ、一概に「副業したらダメ」ということはなさそうです。

 

例えば復職に向けてリハビリ目的で、週1回程度の軽微な副業であれば、すぐに傷病手当受給金が打ち切られることにはならないようです。

 

しかし、どの程度までなら出勤してもいいのかということについては、ハッキリとしたルールが示されていないようです。

その辺は健康保険協会にもよりますが、医師の意見により判断するとのことのようです。

 

自己判断はやはり、後々不安も大きいと思いますので、けんぽ協会に聞いてみたり、担当の医師に相談することをおすすめします。

 

どんな副業なら可能?バレない?

ではどんな副業なら可能でバレる可能性も低いのでしょうか?

私の知る限りでは、

  • アフィリエイト
  • オークション(自分の不要なものをうる)
  • 家賃収入
  • FX
  • 本の出版による印税
  • 専業主婦

などでしょうか。

いわゆる不労所得で外に働きにいかないものばかりですね。

一時的な収入を得るもの(断続的)であれば問題がないということも多く見受けられます。

上記のような副業であればバレても問題はなさそうです。

 

また、本業を超える収入はなく、あくまでも内職程度の副業としての労務なら可能だと考えられます。

あまり稼ぎすぎてしまうと問題がありますので、その辺は上手く調整する必要もあると思います。

 

メールレディやチャットレディは継続的な収入になり、事業所得扱いになってしまうため厳しいというのが答えです。

メールレディを単発的にやるのであれば問題なさそうですが、100%大丈夫とは言い切れません(汗)

 

メールレディのサイトの中でフリマ機能(私物を売る)があるサイトがおすすめです!

 

フリマだと傷病手当受給中でもできるので嬉しいですね!

これならちょっとしたお小遣いを稼ぐことができますよ!

 

フリマ機能があるサイト→Mocom

こちらも→ケータイ1つで高収入★[FAMU]

最近フリマが始まりました!→【クレア】